日創研釧路経営研究会
会員資格規定
bar_end
stage_左上
stage_右上
imaeg_stage_左
imaeg_stage_右
stage_左下
stage_右下
日創研_マーク
日創研釧路経営研究会 会員資格規定






第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
第7章
目的
入会
会費
会員の退会・除名
休会
会員資格規定の変更
雑則
第1条
本規定は、本会会員の資格、および入会希望者の取扱いに関する事項を規定したものである。
第2条
本会に正会員及び準会員として入会を希望する者は、会員 2 名の推薦により所定の入会申込書を総務広報委員会に提出しなければならない。
第3条
総務広報委員会は、推薦者ならびに入会希望者に面接するとともに入会資格の適否を調査し、その 結果を理事会に答申する。
第4条
理事会は、答申にもとづき正会員及び準会員としての適否を審査し、理事の 3 分の 2 以上の賛成をもっ て仮入会を認める。 入会の諾否は、会長が推薦者を通じて入会希望者に通知する。
第5条
仮入会を承諾された者は 1 ヶ月以内に入会金及び会費を納入した後、正会員及び準会員として入会を認 められる。
第6条
●入会金 入会金及び年会費は、次の通りとする。
入会金
●年会費 60,000 円とする ( 同一会社で 2 名以上の場合は、2 人目から年会費を半額とし、入会金は免除する)
第7条
会員は毎年 2 月末までにその会費を納入しなければならない。
第8条
新入会員の年会費は入会期日より、年会費を 12 ヶ月で割り、残りの月数をかけたものとする。
第9条
定款第12 条に定める行為があったときは、総務広報委員会が実情を調査して理事会に報告する。
第10条
年会費を所定の納期までに納入していない会員に対しては、総務広報委員会が勧告を行い理事会に報告しなければならない。
第11条
理事会は、報告にもとづき審議し、過半数理事の承認により退会を認める。ただし除名の場合は、総会 に議案提出しなければならない。
第12条
定款第 12 条の規定により、総会において総正会員の 4 分の 3 以上の同意により、除名することができる。
第13条
会員が、長期の病気または海外出張等により、例会、委員会その他一切の行事に出席不可能な場合は、 休会することができる。ただし、この場合正会員及び準会員は休会届を会長に提出し、理事会の承認を 得なければならない。
第14条
前条の休会の期限は、1 ヵ年とする。ただし、理事会においてこれを延長することができる。
第15条
休会中の会費は、原則として これを免除しない。
第16条
会員資格規定の変更 この会員資格規定は、総会において、総会員の 4 分の 3 以上の同意を得た上で本部理事会の議決を得な ければ変更することができない。
第17条
この運営規定は 1995 年 1 月 1 日より施行したものを 2004 年 1 月 1 日より一部分改定し施行する。
日創研ロゴ
日創研釧路経営研究会
日創研釧路経営研究会
| 経営研究会とは? | 基本思想 | 組織図 | スケジュール | 会長方針 | 沿革・歴代会長方針 | 会員企業 | 会員資格規定 |
Copyright@2014 日創研 釧路経営研究会 All Right Reserved.